読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oracle Databaseのインストーラの文字化け対策

/IT系 /データベース

Linux版のOracle Database 11g R2のインストールで文字化けに苦しんだので対策方法をメモ。

文字化けの根本原因はOracle Databaseに付属のJREインストーラを起動するからであって、付属のJRE以外を使うというのが基本的な回避方法。

文字化けしたのは下記の3つ。
・OUI (Oracle Universal Installer) → Oracle Database本体のインストーラ
・DBCA (Database Configuration Assistant) → データベース作成ツール
・NETCA (Net Configuration Assistant) → リスナ作成ツール

Open JDKでもOracleJDKでも良いので付属のJRE以外が必要なので別途ダウンロードしてインストール後、それぞれ文字化けするツールを別途インストールしたJDKに付いてくるJREを見るように設定変更する。

JDKのインストール

Open JDKでもOracleJDKでも良いのでインストールする。
今回はOracleJDKRPM形式でダウンロードしてインストールした。
ダウンロードしたファイルは jdk-8u91-linux-x64.rpm で、それを下記のrpmコマンドでインストールする。

rpm -ivh jdk-8u91-linux-x64.rpm

すると /usr/java/jdk1.8.0_91 にインストールされるので、ここにある jre ディレクトリのJREを以降では使うようにする。

OUI (Oracle Universal Installer) の起動

OUIの起動は runInstaller にパラメータで JRE の場所を指定する。

./runInstaller -jreLoc /usr/java/jdk1.8.0_91/jre/

DBCA (Database Configuration Assistant) の起動

DBCAの起動は、起動シェルを書き換えてJREの場所を指定する。
起動シェルは $ORACLE_HOME/bin/dbca 。

vi $ORACLE_HOME/bin/dbca

"JRE_DIR"で検索すると以下の行がある。

JRE_DIR=/opt/app/oracle/product/11.2.0/db_1/jdk/jre

それを、インストールしたJDKJREを見るように変更する。

#JRE_DIR=/opt/app/oracle/product/11.2.0/db_1/jdk/jre
JRE_DIR=/usr/java/jdk1.8.0_91/jre

あとは通常通りに dbca を起動すればOK。

NETCA (Net Configuration Assistant) の起動

NETCAもDBCAと方法は同じ。
起動シェルを書き換えてJREの場所を指定する。
起動シェルは $ORACLE_HOME/bin/netca 。

vi $ORACLE_HOME/bin/netca

"JRE_DIR"で検索すると以下の行がある。

JRE_DIR=/opt/app/oracle/product/11.2.0/db_1/jdk/jre

それを、インストールしたJDKJREを見るように変更する。

#JRE_DIR=/opt/app/oracle/product/11.2.0/db_1/jdk/jre
JRE_DIR=/usr/java/jdk1.8.0_91/jre

あとは通常通りに netca を起動すればOK。